転職後の考え方

新入社員として大切な事は一言目を乗り越える事。

新卒としても転職としても新人材が新たな組織に入社する時には
当事者的にも受け入る社員側にも緊張感が生まれます。

特に転職で一人だけ飛び込む場合は
既にコミュニケーションが構築されている環境に飛び込む事になり
お互いに些細な警戒心の様な状態が生まれて両者が観察する状態で緊張感が増します。

新たな環境に飛び込んだ側の人間としては沢山の警戒に気を使わないといかず、急に話しかける事は「入社したての人間に急に話しかけられて生意気に思われるのではないか」「私に対してどう思っているのか」等の沢山の不安な感情が湧いて積み重なり、大きなストレスになります。


しかし生活の大半を共にする方々との関係づくりを出来るだけ早く行い、
自分にとって出来るだけ早く過ごしやすい環境づくりを構築していく事がストレスなく働く手段の一つになります。

たった一言でも会話をする事で一気に関係性が開ける。

新しい環境で労力を使うのは人に馴れるという事が一番大切だと思います。
今回の転職を通じて初めて会う人と初めの一言の壁ってとても大きいと感じました。

その中で、どれだけ一言目の壁を沢山突破できるかが環境づくりに大切な要素かと思います。
コミュニケーションを取った事のない人との初めの一言で分かる情報量はとてつもなく大きく雰囲気、声、感触、印象など様々な要素が分かります。
それを感覚的に知るだけでも気持ちが楽になります。
話し方や雰囲気を知って、安心感を得られて二回目以降に話すきっかけになる為、
相手と一言話す事の情報量の多さはとてつもなく大きいと感じます。

他者の視点はごく自然な事。

しかし一言目の壁を突破しようと思っても中々すぐに行動に移すのも大変だと思います。
相手にどう思われるか分からないという不安感が湧いてくると思いますが、少しは自信を与えてくれる考え方を教えます。

それは、他人からの評価はごく自然な事と考える事です。
怖がりすぎて自分を押し殺して殻に閉じこもって怖いなど考えてると
自分だけ勝手に心が消耗していきます。
<考え方>
・自分の尺度で変化を起こさせる様にして、他者からの評価を気にしない事。
・不安や他者の視点なんて当たり前だと思って、理解していく事が大切だと考える事。
・些細な事でも構いません!こちらから名前を呼ぶ、一言話す、それだけでも相手は
 名前を覚えてくれているという嬉しさがコミュニケーションを掘ってくれると思います。

一言目のコミュニケーションが終われば些細は不安は一瞬でどこかへ消えて無くなる。

一言直接的なコンタクトをとる。
その本当にちょっっとした勇気さえあれば、自分が自然と身をおける環境へ変化していくはずです。
そうして自分と相手の距離を一歩ずつ繋げて広げていけば、自分で全てのコミュニケーションを広げてなくても相手が新しい人を連れてきてくれて勝手に広がっていきます。

”相手の評価なんて当たり前の事”と考えて、
自らコミュニケーションをとり、居心地の良い職場へ構築を図っていきましょう。