LIFEハック

朝の出勤前の余裕でストレスない一日を!

朝起きて、怒涛の身支度をして全力で駅まで向かう。
何とか駅についてホームの階段を降り、丁度電車が来てやっと落ち着く。
電車に乗ったら良いものの朝ゆっくり準備する余裕がなかったので、
”忘れ物がないか”と気持ちが落ち着かずにストレスを抱えてしまいます。
毎日そんな生活をしていませんか。

一日の始まりからそんなに落ち着かなくては、
これから始まる一日は不安でしょうがないと思います。

朝の使い方を少し見直し余裕を持つ事で、一日の過ごし方が全然変わってきます。
この記事では朝の時間を工夫する、ちょっとした考え方や方法を紹介していきたいと思います。

そもそも、朝は何故そんなに早く時間がすぎていくのか。

朝は一日の中で時間が過ぎていくスピードが一番早いと思います。
それは準備時間が少ないにも関わらず、タスクが多すぎるからではないでしょうか。
起床した瞬間から出発する時間が決まっていて、タイマーがセットされてスタートしているのです。その朝タイマーが押された時点でのタスクが多すぎるのです。
一般的タスク項目として以下の事が挙げられるのではないでしょうか。
・シャワー(洗顔)
・トイレ
・ドライヤー
・髪のセッティングや化粧
・テレビ(ニュース)
・朝食
・着替え
・仕事の準備物の支度。(鞄の整理)
個人差はありますが、ざっと上記の8つのタスクが浮かぶはずです。
毎日何気なく行っている事でも、視覚化してみると朝の決まった時間に対してとても忙しい状態にある事が分かります。

余裕を持つに為には?

個人的にお伝えしたい事はシンプルですが、より早起きするタスクの効率を上げるタスクを減らすに限ると思います。その中でも以下の三点は具体的に実践できる事なのではないかと思います。

一つ目は早起きする事です。
他の記事でも触れていますが、単純に朝の準備時間を増やせば良いのです。
それだけで時間に余裕が出来ます。

実際問題早起きのメリットは沢山ありますが、そもそも早く起きれたら苦労はしません。
そこで、二つ目にオススメしたいのが準備は極力前日に済ませておく事です。
ビジネスマンであれば、翌日に着て行くもの、準備するものくらい前日に決めておけるはずです。朝の時間に悩みを無くして決断を少なくする事で時間を捻出出来ます。下着やTシャツ・Yシャツ・靴下も準備しておく事で、洋服ダンスや洗面所にいって鏡の前で何度も行き来する事もなく「あれがない!」「これがない!」といった状況も無くなりスムーズな準備になるでしょう。

三つ目はテレビをつけない事です。
実際に準備に集中出来て時間を一番有効に使えます。
テレビがついていると、つい見入ってしまいタスク効率が悪くなり、いつの間にかに時間が過ぎていきます。テレビで時間が分かるからといった安心感がありますが、テレビも見ていると興味を惹かれる内様に知らぬ間に時間も過ぎ去っています。ニュースなどの情報をチェックする必要もあるとは思いますが、今は携帯でいつでも情報を得る事が出来ます。車のラジオやVoicyを聞いたり、電車でニュースサイトチェックするだけでも十分に必要な情報だけを取る事ができます。

朝の時間に余裕を持てる様になった先に。

是非ちょっとした工夫で朝を変えてみて下さい。どれかをやるだけでも、少しは余裕を持つ事ができると思います。
朝の余裕は一日の余裕につながります。
少しずつ慣れてきたら、帰ってきた後のタスクも済ませる事ができます。
私の場合は風呂の掃除をやってしまい、夜に仕事から疲れて帰ってきた時にボタンを押すだけで終わりです。
こんな形で少しの時間の積み重ね、使い方を活かせるようにして、朝から余裕のある生活リズムを一日を効率よく過ごしていきましょう。