LIFEハック

緊張の解決方法は練習重ねる。/ストレスフリーなリーマンライフ。


プレゼン発表やテスト、人前でのスピーチなど人生には様々な場所や場面で不慣れな状況により緊張する事があると思います。

中にはとても頭がキレて、あまり緊張しないタイプの素晴らしい方を見受ける事もありますが、中々そうはいかなのが正直な所です。

筆者も緊張しがちな1人です。

緊張を解決する為には、どうしたら良いのか、自分に問いかけて来た中での解決方法を紹介していきます。

自信を持つこと


緊張に対しては少しでも自信を持つ事が大切です。
例え急に分からない事が起こっても、あまり反射的に全ての答えを出そうとし過ぎない事、100%の回答を返そうとしない事です。常に落ち着いて、今自分の出来る範囲の事で対応します。

緊張する要因としては自信がないからです。

先の行動に対するイメージが空っぽの為、緊張します。
対処出来る行動をイメージ出来れば、予測し自信を持つ事が出来て、精神的に安定しますし、冷静に物事判断して自分が持っている能力を発揮する事が出来るようになります。

自信が無いとその場、その場での対応になる為、慌ててしまい、緊張が解けず、冷静な判断も対応も出来ない状態となります。

鍛錬する。


とにかくしっかり抜け目なく。
絶対的な自信が持てるまで練習や勉強を行います。
練習をするとイメージが描けるので頑張る事が出来ます。

自信が無い時は、結局やっていない事が多いです。中途半端な事が多いです。
準備不足のまま実践に望む為、思うような結果にならない事は当たり前です。

ちょっと気になっている不安な所、忘れそうな所も徹底的に潰しておく事も大切です。
気になる所は、自分の中で常に気にかかってしまうし、傷口が開くかのように不安が自分の中に派生して全体的なパフォーマンスへ影響する可能性もあります。

テスト勉強もそうですし、俳優さんなど一発勝負のパフォーマンスをする方達のインタビューを聞いても練習を徹底的にやる事をお話しされる事が多いです。

先ずはしっかりと準備を頑張り倒す事。これは緊張しない為の必ずやらなければいけない基本です。

それでも鍛錬する事。良い緊張は自分を成長させる。


準備は不足は緊張を仰ぎます。準備の過多は幾らでもして良いと思います。
緊張→練習を繰り返すと自信が出るようになるはずです。
不安→早くパフォーマンスを発揮したいというモチベーションにシフトするようになります。
自ら前向きに緊張する舞台を待てるという事は精神的に優位に働きます。

良い緊張は自分を成長させます。
緊張しながらも自信を持って乗り越えた舞台は、その後の自分の自信になり、成長を促してくれます。
また、同じような状況がある場合は、過去に活動した実績がある為、ある程度精神的な余裕を持って望む事が出来ます。

あとは場数を踏んで経験を積んでいく事で緊張しても良いパフォーマンスを発揮出来るよう
緊張をコントロールしたり、緊張しても冷静でいられるようになったりと、自然と自分を成長させてくれるのか緊張です。

終わりに


いかがでしたでしょうか。

緊張をしないコツはとにかく自分に自身を持つ事だと言います。

”これでもか”と飽きるくらいの練習と自信を持てば、望む前に何も不安に思う事はないはずです。

”不安で緊張して何も出来ない自分”と、”しっかりと練習して素晴らしいパフォーマンをして結果を出せる自分”と、どちらの未来をとりますか?